GIGAスクール応援!

​タブレットのカメラを使おう!

GIGAスクール構想で配備されたタブレット型の端末に標準装備されている「カメラ」。

静止画や動画の撮影、オンライン授業などICT活用の幅が多いのも特徴ですね。

活用シーンが多いということは、破損やトラブルも…。安心して活用するためのポイントを押さえておきましょう。

カメラ機能で写真撮影するときのポイント

大人がデジタルカメラやスマートフォンで写真撮影していても、「ピントがずれた」「写真に指が写りこんでしまった」などちょっと失敗?と感じることはありますよね?それが大きな端末になると尚更、手ぶれもしやすいです。ほんのちょっとしたコツで、上手に撮れたら嬉しいですね。

スライド2.JPG

レンズの位置を意識する

​​レンズが汚れていると、写真を上手く撮ることができません。

うっかりレンズに触れてしまわないよう、端末のどこにレンズがついているのか確認しましょう。

『レンズはどこにある?』

二つ目のレンズが見つけられない。

​うっかり天井を写したり、指でさえぎってしまうことがないように、レンズの位置を意識しておくことも大切なポイントです。

スライド3.JPG

カメラアプリを開く(Windows10)

カメラアプリの開き方は、

  • デスクトップにアイコンがあればダブルタップ

  • スタートメニューの中「か」カメラを選択

​キーボードが取り外せる端末の場合、タブレット本体だけの方が扱いやすいですね。

スライド4.JPG

カメラアプリを最大化してつかう

​​​カメラアプリを立ち上げたときに、

US配列は大人も不慣れかもしれません。
小文字の問題は、「a」と「g」がフォントによって表示のされ方が違うので、判別が難しいところにあります。