3日で「嫌われないICT支援員さん」になる!!


これからICT支援員さんになるあなた。そしてすでにやってるあなた。

あなたは「愛されるICT支援員さん」ですか??

まずはあなたのキャッチコピーを考えてみてください。

そして文字にしてみてください。


「教育ICTに自信あり!」「子供の相手ならまかせて!」「教員免許あり!」「パソコン修理もお手の物!」などなど・・・

キャッチコピーは3つ以上書き出してみてください。

私のキャッチコピーは「トラブルが大好物!トラブルイーター五十嵐 晶子」です。

トラブルシューターじゃないです。「トラブルイーター」。

それはなぜかはぜひお会いしてお話ししたい。



そしてもうひとつ。あなたの今のご不満はなんですか?

これもぜひ書き出してください。

あなたは今の暮らしや仕事、人間関係に100%満足ですか?

今のここがこうだったらいいのに・・・。

これも3つ以上書き出せますか?


そして最後に

あなたがなりたい自分はどんな人ですか?

ICT支援員として、ではなく自分個人としてなりたい姿を思い浮かべて

文字にしてみてください。


私の支援員スタートアップはここから始まります。


初めてICT支援員という仕事に就く、その不安を解消して、

まずはスタート前3日で「嫌われないICT支援員さん」になりましょう。

そして、スタートしたら勤務1年目が終わる時に

「●●さん、来年度も来てくれますよね?」

と言われる支援員さんをまずは目指してください。


すでに大ベテラン、教わることはもうないかなという方も

私のところに来てたくさんお話をしていかれます。

私もとても学ぶことが多く頭が下がります。

もう教わることなどないベテランさんが、なぜ私のところにきてくださるのか

どんな方が私とお話しをしてくださるのか

それもぜひお伝えしたいと思います。







閲覧数:164回1件のコメント

最新記事

すべて表示

ICT支援員の確保がうまくできていない自治体は、なぜ確保できないのか、その理由はいくつかあります。人が見つからない、すぐ辞めてしまうなどがありますが、多くが予算の不足です。不足というより申請が面倒だからとか、説得できないからなどと言いますが、そもそも使える予算をICT支援員に使っていない場合もあります。 はっきり言って時給を上げれば人が集まるのは実証済みです。弊社が予算獲得に協力した自治体は3倍の