GIGAスクールに積極的に参加、サポートします!

「GIGAスクール構想」。

この話が飛び込んできてから、毎日自分の仕事はこの先どうなっていくのかを考え続けてきました。

少なくとも自信を持って言えるのはICT支援に関して自分の予想は概ね正しく的中してきたということです。

今もこれから起こるICT支援のありかたを10年先ではなく、明日来るICT支援の必要性を見てひとつひとつ対応しています。

もしかしたらいずれ名前が変わって新しい仕事になったりするかも知れませんが、今自分のできることがしたい。

頼りになる協力者が繋がりはじめ、こちらのサイトから弊社も登録をいたしました。

https://www.oetc.jp/ict/top/

すでにICT支援員さんの育成、スキルアップ、マネジメントに関してのご相談をいただきはじめていますが、ICT支援員さんは頭数だけ揃えれば良いわけではありません。


大切なのはマインド。

目的のない先の見えない仕事は、一人一人が目隠しをして暗闇を進むようなものです。

手すりが見つかればそれが正しい方向への手すりかどうかわからなくても、そこから離れなくなる。

さまよう他の目隠しをした人と衝突する。

ICT支援員さんについて、募集要項を見ても、本当にやるべきことはなんなのか、その使命は記されていません。


絶対ご満足いただけるICT支援そして、GIGAスクールサポーターとしてのスペシャリスト集団として、この事業に取り組む所存です。


ぜひご相談ください。

弊社はすごい方々とのスペシャルチームで、皆様の学校をお支えしたいと願います。





143回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

締め切り間近!教育著作権検定対策講座スペシャル!

令和3年夏!教育著作権検定 対策講座 https://peatix.com/event/2050524 皆様こんにちは! 合同会社かんがえるの五十嵐です。 全国の学校ではGIGA端末が子供たちに手渡され、いよいよ夏休み! 持ち帰ったところもまだのところも、 様々だと思いますが、本格的にオンラインで授業が展開するようになると、 必ずひっかかるのが、「著作権問題」。 著作物を使う側でいると思ってのんび

学校に外部人材が入ることの負担

【いかに学校に人材を入れること軽く見ているか。】 最近の学校への支援は、ボランティアを募集してみたり、新しい名前をつけては人材を導入したり、中にいる先生の気持ちを考えてやっていると思えないことが散見しています。かく言う自分たちも外部人材。学校の負担を知っているから訪問日はとても緊張します。特に初日はまだご信頼もいただいておらず、本当にお手数をおかけすることが心苦しく思いながら訪問します。 厳しい言