ICT支援員さんとGIGAスクールサポーターさん【その1】

最終更新: 2020年7月4日

こんにちは。代表の五十嵐です。


話題のGIGAスクールサポーターさん

そもそも学校ICTを支えるお仕事って実は全国的に全く統一されておらず、その育成もあまりされていないのをご存知でしょうか。


ICTを支えるお仕事、どんなものがあるか、私の20年を振り返り、やってきた様々な立ち位置の実情を書いてみようと思います。

多分今後のサポート業務を明確にする手助けになるのではないでしょうか。


私はもう20年近くこの業界でICTのサポートをしてきました。

「ICT支援員」という定義をされるずっと前から。

当時、「情報アドバイザー」「インターネットアドバイザー」などの名称でしたが、当時から名前は同じでも、仕事の内容が大きく異なるケースが散見されました。


初めてこのお仕事をした時に所属した会社の案件は政府の「緊急雇用対策」予算が当てられたもので、時給は1200円でした。

私は一人で4校担当して、週に3回くらいのペースで4ヶ月働きました。

緊急のようなのでそれっきりのお仕事でしたが、きっちり9時から5時。

子供に接するお仕事はなく、職員室でのお仕事でした。

今で言うなら校務支援に近いです。

もう20年前なのでうろ覚えですが、やった覚えのあることを書いてみます。


⚫︎文書作成(Word)

 手書きの文書などを体裁よく仕上げる

 ・文集を横向き上下2段で縦書きにして、

  子供の絵をスキャンして挿絵として

  挿入しつつ、ページを整え印刷まで

 ・校長先生や教頭先生が地域などに出す

  文書の作成、封筒に宛名印刷

 ・学級便り、学年だより、学校だより

 ・他校から集められる部会などの文書を

  一つのファイルに統合する

⚫︎ツール作成(Excel)

 自動計算させたいものを整える

 ・通信表

 ・表彰状

 ・会計報告

 ・百マス計算自動生成ツール(VBA)

 ・栄養士さんの食材発注ツール(VBA)

⚫︎音楽CD作成

⚫︎ホームページ作成(ホームページビルダー・テキストエディタなど)

 ・トップページからデザイン

 ・イラスト素材作成(もともとイラストレーターでウェブ素材屋だったので)

 ・先生が出先から投稿できるようブログ連携

 ・写真加工(ぼかし、モザイク、トリミングなど)

⚫︎学校評価アンケート集計

 ・手書きのアンケートを目視で集計

 ・Excelにまとめ、プリントしやすいよう

  網掛けグラフを作成


大体こんなところです。

1200円の時給で9時から5時。

交通費は支給なし。


次に応募したお仕事は大学のヘルプデスクでした。


【その2に続く】



901回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ICT研修の意義とICT支援の必要性そしてネットリテラシー

今朝、あるアプリのレビューを読んで、なかなかSNSっていうのは自己顕示欲を満たすツールになりがちだよなぁと改めて感じています。いや、自己顕示欲を満たすために使っている人の方が多いかもしれない。SNSを作る側がそれを煽ってるとも言えるけど。 教員研修でグループチャットを体験するだけでもよくわかります。 「いつでも、どこでも、ネットワークがあれば繋がれる」 この【時間と距離を越えるメリット】を教育に活

©2020 by 未来をつくるICT活用とSTEAMをかんがえる。Wix.com で作成されました。