ICT支援員さんにおすすめの持ち物

学校に訪問して、常駐の方もいらっしゃいますが、ICT支援員さんは巡回をされていて

毎日違う学校に行かれている方も多いと思います。


私もICT支援員や研修講師をやってきました。その中で、学校に行くならこれはもっていかねばと思うものがいくつかあります。今日はそれをご紹介します。


私の一押しは「上履き」!!


今はこれを履いてます。汚くてすみません。

柔らかくて靴擦れになりにくく、適度な厚底で温かいです。

大切なポイントは


●脱ぎ履きがしやすいこと

●汚れが目立ちづらい事

●底が滑りづらいこと

●底がやや厚めであること

●軽いこと


学校は多くが上履きであがるので、履くのが面倒な物はお勧めできません。

そして、学校の廊下にはお水がこぼれていることが多いです。

手洗い場の近くなどは非常に滑りやすいのでスリッパは危険です。

そしてこれは絶対なのが寒さ対策!学校は暖房が聞いていても床が冷たいことが多いです。

足が冷えると体を壊しやすくなります。

そして、持ち運びがしやすい軽いものがいいですね。頻繁に訪問するなら、靴箱を指定していただけるととてもうれしいです。


足に合った歩きやすい上履きは広い校内での機動力を圧倒的に高めます。

腰を痛めたりする原因にもなりますから、ぜひお気に入りの一足を探してみてください。





47回の閲覧

最新記事

すべて表示

【もう見えない悪者を作るのはやめよう「誰が」を明らかにすることを恐れるな】

導入機器の失敗?によって活用頻度が下がっているという、色々な記事にそろそろ辟易としているので、拙い経験かも知れませんが、私の視点からどうしてもここに書きたくなりました。 導入機器の問題は大きな組織自体ではなく、その時対応した個人の判断に痛いほど左右されます。 大きな塊を悪とした記事はその塊に人が見えないので、全く関係ない分野の人も攻撃しやすく気が楽です。それで記事を書けばみんな安心して攻撃コメント

©2020 by 未来をつくるICT活用とSTEAMをかんがえる。Wix.com で作成されました。